ナチュラルメイクをする上で大切なこと

ベースを厚く塗りすぎないこと

large

特に初心者がやってしまう失敗に多いのが、肌の色を明るく自然な感じにしたいからとファンデーションを塗り過ぎてしまい、結果として化粧をしっかりしているという印象が強く出てしまうメイクの仕方です。

ナチュラルメイク初心者の方におすすめなのが、リキッドタイプとパウダータイプのファンデーションの両方を使うメイクです。

ベースとして軽くリキッドファンデーションを全体に塗ります。

次にその上からパウダーファンデーションをパフやブラシを使ってつけます。

軽くのせるようにすると厚塗りになりません。

パウダーファンデーションを重ねることによって、リキッドファンデーションのテカりを抑える効果が期待できます。

眉毛は顔の表情を左右するものなので、できるだけていねいに描くようにしましょう。

描きすぎは不自然ですし、薄すぎても表情に乏しくなってしまいます。

好みの眉の形をイメージしながら、1本1本足していくように薄く描きましょう。

間違っても、一気に濃く描いたりしてはいけません。

また、色は黒だと強すぎてしまうので、茶系を使うようにしましょう。

更にナチュラル効果を出すために、ペンシルで眉を描いたら上から軽くアイブロウパウダーをのせてぼかすようにします。

ビューラーでまつ毛を軽く整えたら、アイシャドウをつけていきます。

アイホールに薄めのベージュのアイシャドウを少しずつ塗っていきます。

色目を確認しながら濃くなりすぎないように注意します。

上まぶたのキワには濃いめのブラウンのアイシャドウを塗ってひきしめます。

アイラインは目尻から少しずつ薄く描きます。

オレンジ系のチークをブラシでサッと軽くぬります。

下から上に向ってブラシを動かします。

口紅の色は好みでも良いですが、ピンクとオレンジの間ぐらいの色がナチュラルっぽくなります。

ナチュラルメイクとは言っても手を抜かずに、きちんとペンシルで唇の輪郭を描き、その内側をぼかすようにブラシで塗っていきましょう。

毎日練習することで、きっと少しずつ上手になります。

そんなに派手な印象を与えずに、まるでノーメイクのようにも見えるナチュラルメイクの方法とは?

手順としては、まず化粧水や乳液、化粧下地でベースを整え、ファンデーションを塗ってからアイブロウで眉毛を整え、アイシャドウとマスカラで目元を彩り、チークで頬を明るくして、リップを付けるという感じになります。

まず化粧水などのベースはたっぷり使って、肌になじませるとしっとりして化粧ノリもよくなります。

ファンデーションはリキッドタイプのほうが少量でも伸びやすく、厚塗りにならずにすみます。

シミやそばかす、クマや毛穴などが目立つ箇所は部分的にコンシーラを付けてカバーしていきます。

そして、フェイスパウダーを軽くそして細かく顔全体にはたけばベースメイクは完成です。塗りすぎないようにカバー力の高いファンデーションを使うようにしましょう。

次に目元ですが、アイシャドウは、あまり発色の良すぎるブルーやグリーンを塗ると、かなりきつい印象になるので淡い薄めの色がおすすめです。

コンパクトを開けると、目の形に色が配置されていて塗る場所や順番がわかりやすいアイシャドウを選ぶと、さっと手早く使えます。

マスカラは塗りすぎるがっつりメイクに見えてしまうので、上まつげだけに少量つけるようにしてから、ビューラーであげておきます。

そしてチークは濃すぎると、かなりインパクト大なので薄めのピンク色を頬骨の一番高い場所に軽くブラシでのせていきます。

眉毛はあまり細すぎず、ペンシルで顔の印象にあった少し太めの形に仕上げるとナチュラルに見えます。

ブラシで眉毛を溶かして色の濃いところをぼかしていきましょう。

最後にナチュラルメイクに合うグッズを紹介

カラコンナチュラル 通販

ナチュラルカラコンはファンデに濃い色を塗るとそれだけでけばけばしい印象になりがちです。

ナイトアイボーテ 二重

夜用アイプチで並行二重ができたら、ベージュやオレンジなどアイシャドウを控えめの色を選んではみ出ないように塗ります。

ラブコンカラコン 通販

テカテカして口元だけ目立ちやすいので上からリップクリームを塗る程度にしておくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加